Q&A

よくある質問

安心感と信頼感を何よりも大切に

痛みの根本原因に迫る深い知識と洞察力、ピンポイントで改善を図る施術の高い技術力、生活習慣や運動のアドバイスなど、どこを切り取っても質の高いサービスを目指して研鑚を重ねてまいりました。生活に暗い影を落としかねない厄介な痛みをできるだけ早く和らげたいとお感じでしたらぜひ一度ご相談ください。サービスについてのご質問と回答をセットで掲載し、随時更新してまいります。

Q 足首を捻ってしまいました。痛みがあるのですが、冷やしたほうがいいのですか?
A

まず冷やして、すぐに御来院ください。後遺症を出さないように治るには、初期の処置・注意がとても重要です。
なお急性期には入浴とアルコールは避けて下さい。腫れが強くなり痛みが増強します。

Q 交通事故でケガをしてしまいました、施術は可能ですか?
A

交通事故によるケガも施術可能です。一度ご相談ください。

Q 産後はどのような痛みがでますか?
A

やはり腰の痛みや、それに付随した坐骨神経痛は多いと思います。

出産のためのホルモンの影響で、手首の腱鞘炎も起きやすいです。


Q 腰のヘルニアは手術しないといけないのでしょうか?
A

ヘルニアの状態によりますが、手術せずになくなる(自己融解する)ものもあります。

ヘルニアがあっても、症状が改善するケースも多いです。

Q ぎっくり腰とヘルニアの違いってなんですか?
A

ぎっくり腰は急性腰痛症の一種で、その原因の一つに腰椎椎間板ヘルニアがあげられます。

Q 整形外科で脊柱管狭窄症と言われたり、椎間板ヘルニアと言われたりするのですが違いは何ですか?
A

脊柱管は脊髄通るところが管(ホースのイメージ)のようになっていて、その管が狭くなっているものを言います。椎間板ヘルニアその原因の一つです。※症状や別の原因などは、ブログで。

Q クレジットカードは使えますか?
A

使用可能となっております。※使えないカードもあります。

Q 接骨(整骨)院と整体院の違いは何ですか?
A

名前だけで二分することは難しいと思います。

接骨(整骨)院でも【保険のみ・保険診療+自費診療・自費診療のみ】とケガの治療から整体を行っているところもあります。

整体院でも接骨院と国家資格を取得されている施術者が在籍されている院もあります。

ちなみに接骨院・整体院でぎっくり腰などの治療目的であれば自費治療も医療費控除が受けられるケースがあります。

Q レントゲンで骨は大丈夫ですと言われたのですが、そのままにしていて大丈夫ですか?
A

そのままにしない方がよいことがあります。


詳しくは【レントゲンで骨は大丈夫】と言われた方へ・【骨折はレントゲンでみつかる】ほんとうに?の二つでお話いたします。

Q よく何もないところでつまづくのですが、どんな原因がありますか?
A

脳や腰の神経的な障害。ケガの後などで、使い方が悪くなっている場合も原因になります。スリッパやサンダルを履いているときも、おきやすくなることがあります。

注意点なども含め、詳しくはブログにて。

< 12 >